トラブルは勉強以外でも(その2:性)

小六は中学受験生にとって勝負の一年です。しかし、それと同時に性に関心が出てくる時期でもあります。

<性体験>
スマホの影響でしょうか、最近の小学生の性知識には驚かされます。
中には、同級生と実際に性的な行為をしてしまう子供もいました。(レアケースですが)

「今まで全くそんな風に見えていなかった子が、まだ小学生なのに…」
親御さんのショックは相当なものだったでしょう。
当初、生徒本人は大して気にしていなかったのですが、親が大事に捉えてパニックになってしまいました。
塾としては、時間をとって、親子の心の整理が着くのを待つしかありませんでした。1日塾を休みましたが、切り替えが着いたようで、次の日からしっかり勉強モードに戻っていました。

行為自体はそれっきりのようで、塾では二度と話題に上がることもなく、その子は志望校に見事合格しました。

<親のスマホで>
今時、YouTubeで性的なコンテンツを誰でも観ることができてしまいます。年齢制限のかからない動画でも、小学生には刺激の強いものがたくさんあります。動画広告の中にも、子供が見るのを一切想定していないような過激なものがありますよね。

以下、大手塾の講師から聞いた話です。
YouTubeの閲覧履歴から、子供が親のスマホを使って、性的な内容の動画を観ていたことが判明。子供は、動画を友達から教えてもらったそうで、親が塾に問合せ、よくよく調べてみると動画の存在はクラス中に広まっていました。講師が各々の家庭に電話して事態を報告するまでになってしまったそうです。

この手の問題は塾が教えることではなく、家庭でも触れづらい難しさがあります。

「こうするべきだ!」と私が言い切れることはありません。

しかし性の話は、大人が教えなくても、自然と周囲から入ってきます。
小6のタイミングではなくても、いつかは必ず通る通過点です。
まだ実感が湧かなくても、見守る親として心の準備をしておいてくださいね。

<中学受験相談ホットライン>
中学受験のお悩みは何でも受け付けています。
https://jyuken-hotline.jp

himawari03b.jpg