中学受験全力のママへ「パパを置き去りにしていませんか?」

私が担当していた、小6のサピックス生の話です。
4月から理科の個別指導をしたところ、7月には理科の偏差値(マンスリー)が45→55に上がりました。
「このまま夏季講習もがんばろうね。」
そう言っていた矢先のことです。

「このまま個別で頑張りたい」生徒&ママに対して、
パパが「夏の間、個別に行かない」あるいは「個別では、パパが用意した問題集をやるように」と指示して家庭内バトルになってしまいました。

私も塾長と話していて、「上手くいっているのに、なんでわざわざ…」
と思ってしまいました。

思えば、その子の話にママはよく登場するのですが、パパは一回も登場しませんでした。
塾の面談にも、ママが来ます。

今回の一件は、まさに突然のパパの登場に感じられました。
どうして、パパはそんなことをしたのでしょうか?

その子の中学受験は、ママと娘の間で完結していました。
きっと、パパも娘の中学受験に参加したかったのだろうと思います。
パパの指示なら、どちらの選択肢でもパパの関わる余地がありますから。

中学受験に熱心なママは、自分でいろいろ調べ、計画を練り、我が子の受験を進めがちです。
しかし全部自分で行うあまりに、本来協力者であるはずのパパを置き去りにしてしまうこともあります。

すると、その関係性のヒビから、思わぬトラブルが吹き出します。

中学受験の成功には、親子の足並みを揃えるのは不可欠です。
それに加えて、夫婦の足並みも揃えてください。

特に熱心なママこそ、気をつけてくださいね。

<中学受験相談ホットライン>
中学受験のお悩みは何でも受け付けています。
https://jyuken-hotline.jp

ハイビスカスの飾り.jpg

この記事へのコメント