子育ての客観視〜部下にも同じことをしますか?〜

ママ・パパの熱が入りすぎるあまり「異常」「やり過ぎ」な教育をしてしまう。
塾で、生徒の話を聞いていると、そう感じる時があります。

まだ小学生なのに、子供を徹夜で勉強させてしまう家庭
子供の体を傷だらけにしてしまう家庭

我が子可愛さに熱が入ってしまうのでしょう。しかし、かえって子供に悪影響を与えています。家庭内だと、親のストッパーはいないので、異常さを自覚するのは難しそうです。

ここまで極端ではなくても、「今のは、やりすぎだったんじゃないか…」と悩むことは、多くの家庭で起こるのだと思います。

私も塾で、生徒との接し方・距離感に悩みました。

そんなとき、
「部下にも同じことをするのか?」
と言う視点で考えると、わかりやすいです。

良い上司像と、良い親の姿は「人を育てる」点で重なる部分が多いです。
今まで、たくさんの「上司」をみてきたはずです。
両親、学校の先生、部活の顧問やコーチ、職場の上司…
あなたは、どんな「上司」が好きでしたか?
どんな「上司」の下で成長しましたか?

今、頭に浮かんだ姿が、親として適切な姿のはずです。

逆に、どんな「上司」が嫌いでしたか?
嫌だった態度、言い方など、いろいろ出てきそうです。
あなたが嫌だったことは、子供も嫌なはずです。

職場でコンプライアンス的にアウトなことは、長期的に見て結果も出ません。
たとえ中学受験で合格しても、その先の親子関係はどうでしょうか?

ぜひ「自分の欲しかった親」になってくださいね。

<中学受験相談ホットライン>
中学受験のお悩みは何でも受け付けています。
https://jyuken-hotline.jp

025.jpg