中学受験全力のママへ「パパを置き去りにしていませんか?」

私が担当していた、小6のサピックス生の話です。 4月から理科の個別指導をしたところ、7月には理科の偏差値(マンスリー)が45→55に上がりました。 「このまま夏季講習もがんばろうね。」 そう言っていた矢先のことです。 「このまま個別で頑張りたい」生徒&ママに対して、 パパが「夏の間、個別に行かない」あるいは「個別では、パパ…

続きを読むread more

「叱っても言うことを聞かない…」心に響く叱り方

「家庭内のバトルの収集がつかない」 「毎日、子供と喧嘩ばかりで、もう嫌…」 塾講師をしていると、生徒からも、親御さんからも、家庭内バトルの話をよく聞きます。 私も、塾講師として、生徒と良い関係になれるよう、どんな叱り方をしたらいいか模索してきました。人に聞いてみたり、ネットで調べてみたり…。すると、 「子供を叱るときは、…

続きを読むread more

「夏休み明けのD判定」をどう捉えるか

夏の成果を模試で確認する時期ですね。 「精一杯頑張っていたし、伸びているんじゃないか…」 そう思って蓋を開けてみると、第一志望D判定(合格可能性20~40%)なんてことはよくあります。 D判定は、親子ともにショックですが、まだ望みが断たれたわけではありません。 ここで「夏休み明けのD判定」をどう捉えるか、それが大切です。…

続きを読むread more

トラブルは勉強以外でも(その2:性)

小六は中学受験生にとって勝負の一年です。しかし、それと同時に性に関心が出てくる時期でもあります。 <性体験> スマホの影響でしょうか、最近の小学生の性知識には驚かされます。 中には、同級生と実際に性的な行為をしてしまう子供もいました。(レアケースですが) 「今まで全くそんな風に見えていなかった子が、まだ小学生…

続きを読むread more

トラブルは勉強以外でも(その1:人間関係)

お子さんは受験生である以前に、一人の小学生です。 日常生活を送っていれば、勉強以外のトラブルだって起こります。 そんなときに大事なのが、日常の親子関係です。 そもそも、お子さんは日頃から悩みを打ち明けてくれますか? 困った時に、助けを求めてきますか? 普段の親子関係が良好でないと、子供が頼って来てくれません。 すると…

続きを読むread more